【ゴキゲンな気持ちで演奏しよう】

 

練習しているとき

あるいはどこか人前で演奏しているとき

あなたの気持ちは「イイ気分」ですか?

 

なんか、どこか

モヤモヤして気分がすぐれなかったり

緊張してかたくなってしまったり

焦って不安になったり

自分の音が

人に迷惑をかけていないかと心配になったり

そんなこんなで気持ちが上がらなかったり……

 

思うように

気持ちよく演奏できない。

 

そんな時が、

そしてたびたび、あるかもしれません。

 

音楽が持つ根本の役割、意味は

人間が互いに意思、感情、思考を伝達し合うこと。

すなわち

コミュニケーションのツールです。

 

コミュニケーションして

お互い「喜ばしい気持ち」を共鳴し合おう。

共鳴し合って

お互い明日も希望を持って生きていけるね!

が、交換できるのが音楽のいいところ。

醍醐味、素晴らしさです。

 

音楽には人の心を

「良い状態」にしてくれる大きな大きな力があるんですね。

 

 

意思や感情や思考の交換が、どんな喜ばしいものなら

コミュニケーションがうまくいくでしょうか。

 

元気・勇気・励まし・つながり・共感

安心感・浄化・癒し・心地よさ

一体感・高揚感・達成感・充実感・幸福感

スッキリ・清々しい・清らか……

柔らかくてあたたかな心。

 

言葉から想像してみましょう。

浮かんでくる人の顔の表情は

「笑顔」です。

 

こういう

「ゴキゲンなイイ気持ち」

 

 

奏者が「こういう気持ち」で

ゴキゲンに演奏していれば

リスナーにゴキゲンが伝達して

お互いイイ気持ちが交換できるはずです。

 

「いい演奏」とは

こういうことが伝わってくる演奏でしょう。

 

 

うまくいかない、いきそうもないと思い、

うまくいかない自分にダメ出しをして、

 

気分がすぐれない

不機嫌な気持ち、これこそが

うまくいかなくさせています。

 

 

やり方が出来るとか出来ないとかが

根本の問題なのではなくて、

 

やり方に対して

どう捉えているか、

どんな気持ちで取り組んでいるか。

 

もし、あなたの悩みが

こういうところにあるならば、

そのあたり、ご自身を一つ奥に掘り下げて

振り返ってみましょう。

 

今日も

ゴキゲンで練習に取り組めますように

願っています。

 

音楽で

イイ気持ち、ゴキゲンを交換しましょう!

 

______________________

” 大人の心が本当に喜ぶ音楽の学び舎 ”

Blue Forest Music Labo.

あなたの中に眠る可能性を引き出す

「音楽ライフコーディネーター」

曽宮裕子

______________________