^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

” 音楽やってて本当によかった!” 

音楽の本質的な理解から

軽音楽(Jazz, Bossa Nova, Popsなど)の音作りを「伝わる音」へ応援

明るい豊かな幸せ音楽ライフのためのトレーナー

Blue Forest Music Labo.の

「良質な学びコーチング」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ピアノの指の動きには

大きく3つのポイントがあります。

 

広げる

くぐる

たぐる

 

ピアノの鍵盤が88鍵あるのに対して

指は10本しかありませんから

 

ただ順番に出しているだけだとすぐに足りなくなり

スムースに弾きたい時に

都合の悪いことがたくさん起こります。

 

 

特には

「1フレーズ」を淀みなくなめらかに進めたい時

 

一息でスラスラとしゃべるには、

次へつながるよう

足りなくなる前にあらかじめ

調整をしておく必要があります。

 

これが

3つの動きの正体です。

 

指の番号が譜面に記されているのは、

「守らなければいけない」意味で書かれているのではなく、

 

スムースにうまく指が運んでいくよう

調整の仕方を

「親切に案内してくれている」意味なのです。

 

そういうことがわかると

とてもありがたい情報なのだなと感じますね。

 

 

親切に感謝。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

” 音楽やってて本当によかった!” 

音楽の本質的な理解から

軽音楽(Jazz, Bossa Nova, Popsなど)の音作りを「伝わる音」へ応援

明るい豊かな幸せ音楽ライフのためのトレーナー

Blue Forest Music Labo.の

「良質な学びコーチング」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^